人気ブログランキング |

うさぴょんのブログ

新型インフルエンザが流行った時の備忘録。

新型コロナウイルス。。。
もう誰が保菌者?かわからない状態になってきていると思われるので、
お出かけして、新型コロナウイルス(2019-nCoV)に感染したら嫌やから、
食料品の買い物で近所へ行く以外、家にひきこもっております。
微妙に観光地がある田舎なので、安心できないよな…。
お隣さんは、中国へ出張行かれて、1月半ばに帰ってきはったし…。

最近の報道を見ていると、検査受けられる人、限定されてるようですね。
熱が出て、死にかけていないと検査してもらえないのか? 謎?
たくさんの観光客が今も来ている大きな県が「0」と言うのも?
行政の圧力?風評被害を恐れて、検査させていないのかな? 怪??


当時の私も検査対象外者…。
検査していないから
「新型インフルエンザ」を診断されていないだけで、
新型インフルエンザだったのでは?と思われる。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2009年、新型インフルエンザがはやった時の出来事。

この時、職場のパートさんのお子さん、
5人ぐらい新型インフルエンザに罹患されているお家があり、
「横で看病していてもうつらないねん」と、
少し残念そうに言っておられた。
↑ 
そばにいてうつらないけれど、
新型インフルエンザのウイルス菌保菌者?
な人たちに囲まれて私は仕事をしておりました。
(濃厚接触)

12月某日。
今日はお仕事デー。
仕事が終わって帰宅後、夕食を食べ、
お風呂に入ったまではなんともなかったのに、
まさか?まさかの腸閉塞???

夜の8時過ぎから夜中の3時まで、約7時間、
腸閉塞の再来を思わせる吐き気が、
約5分おきにやってきたのだ。。。

胃の辺りからお腹辺りが張って、
ちょっとムカムカするなぁ…からはじまって吐き気が。。。

嘔吐物は、胃内容物が出終わると、
黄色の苦い液体、粘調性のある紫がかった灰色の液体へ。
最後に出ていた少々粘り気のある紫がかった灰色の液体が不気味。。。

よほど救急車を呼ぼうかと思うぐらい、
めちゃめちゃ苦しかったけど、
夜中に呼んだら近所迷惑だし、
何事だ?って思われるので、ひたすら耐えていたのだけれど、
運良く夕食のときに飲んだ便秘用の漢方薬が効いてくれたのだろう…。

はじめは渋り腹で、
モヨウはするけどなかなか出ない…からはじまって、
吐き気で力が入らないけど、
必死にきばれるだけきばって、少しずつ、少しずつ…。
最後は、おきまりの下痢になり、吐き気の症状は治りました。

吐き気は治まったのだけれど、
今度は手足に、刺すような痛み、しびれ、
関節の辺りは筋肉痛のような痛み、背中は前から痛いし、
身体のあちこちに痛みが走る。
症状からインフルエンザ?
もしかしらた新型インフルエンザ?と思って熱を測るけど、
36度4分
今度は、ずーっと痛みに耐えて朝を迎えました。
(私の平熱は、35度5~6分)
普通の人なら37度5分ぐらいの状態ですな…。熱出てる…。

翌日。
お仕事デーでしたが、
とても出勤できそうにないので、お休みする事に。。。
病院もどこの病院に行こうか?と迷いましたが、
またもや腸閉塞の症状が出てきたら…、
または違う疾患?の不安があったので、
いつも診ていただいている病院へ行くことにしました。
病院は、土曜日なので休診日。
救急で診てくれるのか?だったので、
TELして症状を言って、確認してから病院へ。

対応してくださった食道胃腸外科医(救急当直医)は、
私の様子を見て、しんどくても話は出来る状態だし、
緊急を要する重篤な状態ではなかったので、
こんなたいしたことのない症状ぐらいで、
大学病院を受診するな!
大学病院は重症患者の来るところだ!と言わんばかりの対応を受けました。
いくら症状を説明しようとしても、
ちゃんと話を聞いて下さらず、話途中で遮られるし、
病気になって約10年間、
いろいろな先生の診察を受けてきたけれど、
こんなひどい思いをした診察は初めて…。

私が医師に辛うじて伝えられた内容。。。
☆夜の8時過ぎから夜中の3時まで、約7時間、約5分おきに吐き気がした事。
☆その後、しばらく渋り腹でしたが、便が出だし、最後に下痢になったので
腸閉塞ではないと思うのですが、また吐き気がして腸閉塞にならないか不安である事。
☆背中の痛みがかなり前から続いている事。
☆手足や関節の辺りに痛みがある事。
☆自宅では36度4分だった熱が、病院で測ると37度とだんだん上がってきていたので、
新型インフルエンザの可能性を尋ねる。


新型インフルエンザの可能性について
医師  「年だから新型インフルエンザになることはまずない!」と言い切られる。
     当時私は40代前半   

背中の痛みがかなり前から続いている事、
手足や関節の辺りの痛みがある事について
私     「手足や身体が痛いのですが…」
医師    「そんもんわからん」「知らん」 の二言で終わり。
私     「背中の痛みは逆流性食道炎からきているかもしれないと言われたのですが…」
医師    「そうかもしれないね」で終わり。

診断結果は「腸炎」「整腸剤ぐらいは出しますけど…」でした。

「太っているし元気そうだから大丈夫!」と言われ診察は終わりました。

太っている。。。www
ほんとの事やけど、最後まで失礼な事を言う先生やなぁ。。。 
身体の調子が悪くて行ったのに、気分まで悪くして帰宅する事になりました。


そしてまだまだ続きが。。。
その日の夕方3時過ぎぐらいから熱が出だして、
夜には40度までUP。。。
夜中は熱が続いていたけど、
次第にひいてきて、次の日の朝は、平熱の36度5分に。

熱は下がったけれど、関節の辺りは筋肉痛のような痛みや、
手足、身体のあちこちに痛みが走るので、インフルエンザっぽい。。。
私は季節性のインフルエンザの予防注射はしているので、
年齢的にはかかりにくいけど、
新型インフルエンザが疑わしいから、
とりあえず日曜日普通に診療している病院へ行くことに。
発熱のある人用の問診票に記入して、
インフルの簡易検査をしたら陰性。

検査のタイミングや、新型インフルの場合は感染していても、
陰性になる場合があるそうなので、症状からすると、
新型インフルエンザの可能性は大かな?

こちらの病院の内科の医師の診察では、
大人の感染率は少ないけれど、節々の痛みや微熱ぐらいで済む人もいたり、
症状が軽く治まったりするので、
新型インフルエンザと気がつかず治っている人もいるそうな。。。

重症化しないかぎり、新型インフルエンザの検査はしないそうなので、
検査をしていないから、
新型インフルエンザではないかもしれないし、
かかっているのかもしれないし、
普通の風邪の重いタイプかもしれないし…。

何かわからないけれど、人にうつすかもしれないし、
無理して出勤して重症化させたら大変だから、
会社は休んだほうがいいと言われたので、
明日も会社をお休みする事にします。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以上
2009年の新型インフルエンザが流行った時の出来事でした。
こんなことが過去にあったので、
重症化しなくても、罹患してしんどい目にあうのは自分だし、
人込みをウロウロして、高齢者の親や他人にうつしたらアカンし…。

普通にインフルエンザも警戒しておりますが、
新型コロナウイルスの報道にも敏感に反応してしまいます。


# by star-flower-03 | 2020-02-24 11:32 | 過去の日記

がんと闘う映像作家さんの作品。立春・若草山

がんと闘う映像作家
保山耕一さん

私と同じ部位、直腸がん罹患された方です。

がんと向き合いながら、
直腸を切除した事による排便障害もありながら、
自分のペースで撮れるものをと、
奈良在住、
身近な奈良の映像を撮っておられます。


直腸がん → 直腸を切除
(便をためる所がない)
 = 排便コントロール困難

排便コントロールができない為、
人と会う約束・予定がある時などは、
前日の夜は絶食されると話されていました。

排便障害ありの私…、
私も当日、排便をなるべくもよおさないように、
前日の夜は絶食、
予定の数日前から
食事も調整・下剤服用するなどしています。

排便障害があると、日常生活のお出かけも、

社会生活も不都合いっぱい…。

私と同じだなぁ、と思いながら、

テレビで紹介されていたのを、観ていました。


いろいろ身体に不都合ありながらも、
みんなそれぞれ頑張って「今」を生きておられる。

癌患者仲間さんの前向きに頑張っておられる姿をみると、
私も、私に出来そうな事を見つけて、
頑張らないといけないなって思います。
(^ω^)♪




# by star-flower-03 | 2020-02-09 18:59 | がんと闘う映像作家さんの作品

4人〜5人に1人が使用…“トイレでスマホ”に感染症の危険

公共施設のトイレ使用後、手を洗わないヒト多いのよね。
手を濡らす程度、約10秒ぐらいが多いかな。

これ、洗っているとは言わないし、
ほんとに洗わないで行く人もいる・・・。

石鹸をつけて洗っている人の少ないこと…。

トイレでスマホするヒト…。
食事の時もスマホ触ってるよね…。
メッチャ汚いやん・・・。



# by star-flower-03 | 2020-02-09 18:48 | 記事・動画

車さん、今までありがとう。

親も高齢になり、
母も免許返納することになり、
わが家から車さんがいなくなりました。

父は数年前に免許返納し、
母も、あの事故(池袋)の事もあり、
「他人事ではないんだよ。」と話をした結果、
免許返納することに。

自らの意思、「返納する」って決めない限り、
いくら説得しても無理なんだよね。

伯母などをみていると、
初めは、自分の家の車庫入れで車体をこするから始まって、
他人を巻き込む物損事故、←この時点ではまだ運転をやめない。
最後は、
人身事故を起こして、他人・家族に迷惑をかけ
運転をやめるパターンなんだよな。
(畑へ行く途中、自転車と接触してけがをさせた。)

事故を起こしてからじゃ遅いんだよ。

母。。。

57年運転してきて、無事故無違反
57年間、普通に運転していて、
無事故無違反なんだから凄いでしょ!

後期高齢者(79)の母の運転、
横に乗っていて思ったことは、
まだ普通に運転すること、
運転技能のほうは、大丈夫そう。

車の車庫入れも、一発で入るし、
車をこすることもなし、
運転技能に問題はないのですが、
やはり、加齢で、とっさの判断となると…。
(運転技術)
突然の飛び出し…とか、
何が起こるかわからないからね。
自分は、安全運転をしていても、いつ事故にまきこまれるかは?

早めに決断してくれて良かったと思っています。(=*^ェ^*=)

これからの事。。。
私が運転できたらいいのですが、
私は、直腸がん術後の後遺症排便障害があるので、
医師に止められているわけではありませんが、運転自己規制。

排便障害ありの運転。。。
健常者目線だと、スマホを見ながら運転しているような感じかな。
便意を常に気にしているので、運転に集中できない状態です。

なので、危ないから、
もう20年ちかく運転しておりません。

日常生活、
車がないと、不便な生活になりますが、
しょうがないですね。
# by star-flower-03 | 2020-01-25 09:44 | 日記

24hホルター心電図。

24hホルター心電図。。。(2014年3月)

胸3か所に電極を付け、
お腹のちょっと上ぐらいに小型軽量の装置を固定して24時間記録スタート。

装置の取り付けは、2人の看護師さんがして下さったのですが、
電極のコードや、装置を固定するのに、
ちょうど私のお腹の手術痕に当たるので、
なるべく擦れないように、 
「こうしたほうがいいかな?」
いろいろ気を使って工夫して下さいました。(=^・^=)

装着後、行動記録カードなるものを渡され、
「今から24時間の行動 & 症状を書いて下さい」と、
説明を受けて本日は終わり~♪ 
取り外しは明日。(=^・^=)

検査中にちょうど、
胸の痛みが起きてくれたらたデータが得られるけれど、
24時間じゃ症状出ないだろうな…。
結果は外注なので、10日ぐらいかかるらしい…。

翌日。
今日は午前中、
24hホルタ―心電図の装置を取り外してもらいに行き、
午後からは、頸動脈エコー検査を受けました。

病院の午後診は、16時からですが、
午後診の前の15時30分から検査して下さいました。

頸動脈エコー検査。。。
丁寧によ~く診て下さいましたよ。(=^・^=)
父が先天性二尖弁なので、
私も二尖弁でないかどうか?も診て頂きました。

先天性二尖弁。。。
正常な大動脈弁は3枚ありますが、生まれつき2枚しかなく、
心臓から血管へ血液を送るのに支障をきたし、
大動脈弁狭窄症の原因などになります。

エコー検査結果、異常なしでした。


24hホルタ―心電図の検査結果。。。
24時間ぶんなので、凄い資料になっていましたよ~。
先生、とても丁寧に説明して下さったので、
よ~くわかりました。(=^・^=)

不整脈が2種類のタイプ出ておりましたが、
治療の必要はない状態なので、
また具合が悪くなったら来院するように言われました。(=^・^=)


# by star-flower-03 | 2020-01-23 19:21 | 検査 備忘録用

AYA世代に癌になった日常生活
by star-flower-03
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな